高知追手前高校校友会東京支部のページへようきたねぇ! ここで高知の友達に会えるかもしれんね。

OOくんとぎんこちゃん

更新情報

4月6日、幹事会が開催されました。大会・懇親会の内容を決定しました。NEW
校友会大会懇親会の日程が決定。今年は7月7日です。NEW
校友の出版本「漂巽紀畧」が本日の高知新聞朝刊社会面に掲載されました。
トップページに校友の出版本の記事を掲載しました。

NEW幹事会開催 4月6日(土)

4月6日、新橋の「浪漫亭」にて幹事会が開催され、今年の大会・懇親会の日程、場所、会費、内容等が下記の通り決定しました。
日時:2019年7月7日(日) 12:00~15:00
場所:法曹会館 〒100-0013千代田区霞が関1-1-1
参加費:男性8,000円 女性6,000円 学生1,000円
※参加費は年会費(1,000円)を含みます
高知のちくわ、てんぷらも取り寄せます。みなさん、ぜひご参加ください。5月25日に案内状と会報誌「時計台」を会員の皆様に発送いたします。


新橋「浪漫亭」にて

幹事勢ぞろい。昭和27年卒から平成24年卒まで、その差60年!!

西本会長あいさつ。昨年は追手前高校140周年、校友会東京支部60周年
そして、今年は「令和」元年。新しい気持ちで今年もがんばりましょう!

新幹事長 山下直人(昭和62年卒)

元幹事長 谷村和典(昭和43年卒)

新幹事 西村英治(平成11年卒)よっ!若手!

新幹事 井上淳史(平成10年卒)こちらも若手

新幹事 最若手! 三谷 栄策(平成24年卒)

写真提供(水野・S62卒)

NEW 校友の本「漂巽紀畧」についての高知新聞記事

新聞をクリック(タップ)すると拡大します。

NEW校友の本「漂巽紀畧(ひょうそんきりゃく)」出版

2018年12月10日、北代淳二監修(昭和26年卒)、谷村鯛夢(和典)(昭和43年卒)訳の「漂巽紀畧」が出版されました。みなさんおなじみのジョン万次郎の本です。高知県人であれば、読まないわけにはいきませんね。
左、本の画像をクリック(タップ)するとAmazonのページにとびます。

以下、谷村さんのこの本についての詳細です。


14歳での出漁中、足摺沖で遭難、室戸岬を最後の土佐の姿と見ての漂流以来、アメリカ捕鯨船に救助され、アメリカ東部で日本人ではじめて「市民レベルの教育」を受け、捕鯨船幹部船員となって世界の海をめぐり、まさに鎖国の幕末日本からすれば「50年先の未来社会」で生きて、そして12年ぶりに奇跡の帰郷を果たした「ジョン万次郎」。

そのジョン万次郎の語り下ろしを、あの河田小龍が聞き取り、絵入りで書きまとめた「漂巽紀畧 ひょうそんきりゃく」を谷村鯛夢の全現代語訳、ジョン万研究の第一人者北代淳二さんの監修で、講談社の学術文庫(¥800)から刊行する運びとなりました。

「漂巽紀畧」はすべての”ジョン万次郎”物語のルーツとなった書物ですが、それよりも、山内容堂を驚かせ、幕末の諸大名を驚かせ、幕府を驚かせた本邦初の、本格的な「西洋事情」ドキュメンタリーであったと思います。

遭難という偶然ではあったものの、この頭の良い、生命力に優れたこの少年は「デモクラシーのアメリカではじめて市民レベルの教育を受けた日本人」となり、当時のグローバル産業であった捕鯨船の船員になって、スエズもパナマもまだ抜けていなかった時代の世界の海をめぐり、合衆国東部海岸の先進都市ボストン近郊を中心に10年を暮らし、そしてハワイ経由で帰国(身分社会の日本へ)を果たすわけですから、「50年先の社会」からのタイムスリップ、バックツーザフューチャー物語といっても過言ではないと思います。

だからこそ、この信じられない知識と技術を身につけて帰ってきた(ベリー来航の一年前という奇跡、と司馬遼太郎の言)このもと漁師を抱え込もうとして土佐藩はすぐに藩士とし、それをすぐに幕府は旗本として抜いていったわけです。

そういった文化的価値の高い書物なのに、これまで研究者が抱え込みすぎ、という感じがありましたので、わたしとしては、「古事記」や「解体新書」などの現代語訳がある、講談社の看板文庫である学術文庫に入れて、この書物の価値を位置づけようと思ったわけです。

その上でこの壮大な幕末の綺譚、とんでもない見聞録を誰でも読める物にしたい(だいたい題名が読めない・笑)、特に若い人が手に入れやすい廉価な文庫本で普及させたい、という思いを込めたプロジェクトにしました。
2年かかりましたが、まあ、満足しています。
当方の出版プロデューサー、編集者、物書きとしての「晩年(笑)」で、高知県にも少しは貢献できたかな、と思っています。ぜひお手に取ってご覧いただき、ご支援をいただければ幸甚と存じます。

谷村鯛夢(和典) 2018年12月


ホームページの内容について

追手前高校校友会東京支部のホームページです。以下内容です。

ホーム 会長挨拶、更新情報、ホームページ内容について、キャラクター紹介の掲載
校友会 校友会会則、校友会役員紹介
写真 校友会大会・懇親会の写真を掲載
バックナンバー 今までのお知らせなどのバックナンバーを掲載
掲示板 誰でもが書き込みのできるページ
※認証ページ(掲示板荒らし対策のため)
※パスワードには高校名のアルファベット(7文字)
※書き込み方の詳しい説明は掲示板上部の「使い方」をクリック
お問い合わせ 高知追手前高校校友会東京支部へのお問い合わせフォーム

OOクン・ぎんこちゃんについて

我らが大先輩 故やなせたかしさん(昭和11年卒)作、 追手前高校キャラクター OOくん (オークン)とぎんこちゃんです。 OOTEMAEのOOを眼鏡みたいにシンボルにしました。明朗快活なOOくんです。 OOはマルマルくんとも読めますので、つまり全員みんなの意味にもなります。 頭の上にのっているのが 追手前のシンボルの時計台を単純化して矢印にしたものです。向上を意味しています。 ぎんこちゃんはスクールツリーの銀杏にちなんでつけられました。校章も銀杏の柄です。
(作:やなせたかしさん・昭和11年卒  2013年10月13日永眠 享年94歳)

ページが更新できない場合について

いつも追手前高校校友会東京支部のページをご覧いただきありがとうございます。ホームページ更新は情報がありましたら更新しておりますが、ページを見たときに新しい情報に更新されていない場合があります。

ホームページ側で更新するような設定をしましたが、ブラウザによってはそれでも更新できず、古い情報しか表示されない場合があります。そのときは、F5キーを押し、更新してみてください。

↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system